So-net無料ブログ作成
AX

日々の気付き(2010/12/12) [フィギュア]

本日も適当に更新しときます。
ちとヲタ系で。



○四次元ポケット不要論

ここ数年、地味に時代の変革が進んでいる気がするヲタ系フィギュア業界。
10年前位にはレジンキャストキットが主流だったのに、
 ・レジンキャストキット
  → PVC完成品
   → 可動フィギュア
と、極短い期間に変貌を遂げた気がします。
かく言う私も、最近、固定ポーズのフィギュアは買ってませんし(余程、思い入れのある
作品のものを除いて)。
ただそれでもコレまでは、
 ・玩具
の世界内ではあったと思うのです。
ですが、ついにというかなんというかで、
 ・デジタルフィギュアでそれなりにメジャーなキャラのフィギュア
が出てしまったという。


IMG_7171.JPG
販売元はForgestさんという所ですが、開発は3Dエロゲで有名なイリュージョンさん。
技術的には以前からのものの流用のような気もします。
おまけソフトとして、ゲームのポリゴンキャラの撮影ソフトとかが配布されてましたけど、それと
同じような感じですね。
お値段は定価3,990円で、割引もあるので3,500円程度。
フィギュア2体の値段と思ったら、かなり安価な気もするし、デジタルデータとしてみたら高額
な気もします。

内容ですが、
 ・某アリスソフトの人気ゲームのヒロイン二人のデジタルフィギュア
 ・服は3種類(忍び装束・制服・水着)

 ・ソレにポーズを付けて眺める「キャラクタービュアー」
 ・ソレを躍らせる「ダンシングプレイヤー」
 ・デスクトップに配置して楽しめる「デスクトップモード」
という所。
キャラクタービュアーで作ったポーズをデスクトップモードで配置したり、デスクトップモードで
フィギュア上にwavファイルをドラックすると踊りだすとか、結構色々な要素もあるようです。
今回のVol.1「アリスソフト」の2体はかなり似ているので、好きな方は買っておくと良いのか
と思います。
別にフィギュアでしかない訳で、エロの要素はないですしね。

ですが、少々気になる所も。
 デジタルフィギュア = ポリゴン = 重い
というのは誰しも思うところ。
とりあえず、デスクトップモードの待機状態ですが、

きゃらこれ1.jpg

こんな感じです。
某人気ポリゴンゲームと比べると、1体しか表示しない分軽いんでしょうね。
それでもパッケージに記載されている「推奨環境」はそれなりのモノになってますんで、気をつけた
方が良いとは思いますが。

固定フィギュアは動きませんし、figmaもお着替えは出来ません。
後はリアルのフィギュアや玩具は、とにかく「嵩張る」ので、保存面での不安もありますしね。
でも、アメブロでも書きましたが、デジタルデータとしてこういったものが発売されてしまうと、現実の
フィギュアなどを駆逐してしまわないか?が一番心配な訳ですが。
違法コピーも気になりますし。

あ、感想を書き忘れてた。
 ・Vol.1のアリスソフト(ハルカ)は2体ともかなり良い出来
 ・そんなに重いわけでもない
 ・但し、デスクトップに常駐させるのはどうかな?
 ・昔のバラエティソフトのように、スクリーンセイバーやPC操作に反応するアドオンがあると
  面白んじゃ
 ・しゃべらないのが残念
という所でしょうか。

似ていれば、今後もこのシリーズは買うかもしれません。
似ていれば・・・。



IMG_7172.JPG
「フィギュアなのに触れないよ。
 これじゃあ、このブログのメインドールの責務が・・・」



IMG_7174.JPG
「うーん、たっちー出来ないよぉ~」

chiikaは思うのだ。
確かにデジタルフィギュアで部屋のスペースは確保されるだろう。
しかし、最新のグラボが必要になるのは避けられない。
こ、これはkesagakeさんのクレカで、Radeon HD 5970を買っておかねば。
フィギュアマニアのセイで折角の皆さんのエコな努力が、グラボの消費電力により帳消しになろう
事は明らかなのだった。




あうえう



きゃらコレ! -ALICESOFT-

きゃらコレ! -ALICESOFT-

  • 出版社/メーカー: フォーゲスト
  • メディア: DVD-ROM


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ

nice! 0

コメント 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。